京町家

京町家の改修が進んでいる。解体と構造補強がほぼ終わり、空間内に軸組だけがあらわれている状態になった。
いつも思うが、この状態が一番かっこいい。

展示とレセプション

急な告知になってしまったが、徳島事務所で展示とレセプションをすることになった。
そもそもこのブログ見てくれてる人っているのかな。。。?
レセプションは1ドリンク+フードが無料で、2杯目からは有料だが、「ブログ見ました」と言ったら、2杯目を無料にします。

↓以下展示の告知

graf awa、cue!、SOSUギャラリーの3箇所で連動した家具や雑貨の展示をします。graf awaでは去年発表した新作家具の展示をいたします。

「Furniture、Life、Design」graf awa会場情報

・住所:
徳島市吉野本町2-7大和ビル3F graf awa
※駐車場がないので近隣のコインパーキングをご利用ください。

・日程:
2/18-3/19 11:00-18:00

・休みの日:
2/20(水)、2/25(月)、2/27(水)、3/4(月)、3/5(火)、3/11(月)、3/18(月)

・レセプション:
2/22(金)19:00-21:00 graf awaにて
入場無料で1ドリンク+フード付き
graf千葉、松井、SOSU今瀬、野田による新作などの説明トークもあり

・連絡先
なにかありましたらお気軽にご連絡ください。
080-3843-2082(千葉)

TSUGI_錦古里

鯖江で進めているTSUGI_錦古里のオフィス、ショップ、ワークショップスペース、作業場の設計だが、解体が終わった。
壁を解体して、細切れになっていた空間をひとまずひとつにまとめた。
この状態が一番かっこよかったねとなりますか、果たしてもっとかっこよくなりますか、はてさて。

メラルラス

明日の展示の什器平台を作ろうと思い、朝からコーナンプロに行った。コーナンに行ってから気づいたが、そもそもどのようなデザインにするか考えてなかった。
コンクリート平板を積み重ねようかと思ったが、誰かさんのパクリになりそうだし、スタイロフォームで台を作ろうかとも考えたが、誰かさんのパクリとか言われそうだし。
悶々と店内を歩いていたらメラルラスが目についた。左官下地に使うあれだ。しかも安い。これなんとかなるかも、と思いとりあえず買ったが、ぐにゃんぐにゃんしてて誰かさんみたいだ。

■graf awa オープンギャラリー vol.1
12/15(土)
11:00-18:00
徳島市吉野本町2-7-3F
展示:守口の家/設計事例展示(図面、模型、写真、スケッチ)

ギャラリー

graf awaが7月にできてから、併設して作ったギャラリーをまだ一度も使っていない。これではだめだ、と思い12/15(土)に一日だけ展示をすることにした。
何をするのがいいかと悩んだが、今年のテーマがあまり悩まない事だったのを思い直して、守口の家のデザインの展示をすることにした。あんちゃん(安藤由紀)のマネをして、これから月に一度はオープンギャラリーと銘打って展示をすることにしよう。

↓よろしくお願いします。

■展示内容
今年2月におこなった守口市マンションリノベーション案件の写真、模型、図面、スケッチなどを主に展示します。その他、過去案件写真などを閲覧できます。

■日時
12/15(土)11:00-18:00

■場所
graf awa
徳島市吉野本町2-7 大和ビル3F

■駐車場
建物の前に2台駐車できますが、満車の場合は近隣のコインパーキングをご利用ください。

■他
神山で活動している”morinoko”さんのかわいいお菓子とお茶などをご用意してます。(お菓子はなくなり次第終了)

360°写真

建築内部空間などの360°写真を撮影する活動を、続けている橋本敏和さんが事務所に遊びにきてくれた。撮影自体は本業ではないらしいが、非常に精力的に活動している。今回徳島事務所内部も撮影してもらった。
360°というと一周するパノラマ写真を思い浮かべるが、上下もすべて撮影する全天球写真らしい。特別な三脚で一枚一枚丁寧に撮影して、パソコンで境目の部分を処理するとのこと。仕上がりはグルグル回せて面白いし、空間内部をこういう風に見られる写真は多くないので、竣工写真とはまた違う貴重な記録になった。

児島

児島の西原織物さんに設計の現場確認と、小石くんが製作した木製把手を取り付けに行ってきた。
来週火曜が引き渡しなので後少し。
コンクリートの小さな建物だったが、天井をスケルトンにして、壁天井を白く塗り、床には燻製され赤ブラウンになったバーチのフローリングを敷いた。
家具は美容院imamuraと守口マンションに次いで、またMDFで作ってみたが、今回は面木をナラではなくブラックチェリーにしてみた。ややコントラストが強くなる印象か。
クライアントの西原さんが熱烈なカープファンなので一部分、真っ赤にしたが、よく話を聞いてみるとカープに関係なくものごころついたときから、赤が好きらしい。
帰りの岡山と高松を結ぶマリンライナーは、瀬戸内海と晴れた空で、真っ青だった。

 

鯖江

店舗設計の打ち合わせで福井の鯖江に設計部の合田と行ってきた。
鯖江にあるグラフィックデザイン事務所であるTSUGIの新山さんに、漆の工房やお店をたくさん案内してもらった。
時間をかけて丁寧にたくさんの人を紹介してくれたのでありがたかった。
TSUGIは全員が福井県外からのスタッフらしいが、時間をかけて地域に根ざした活動をしていて素晴らしく、じっくりと取り組むことの大切さが垣間見えた。
これから何回か通うことになりそうだが、楽しみな出張先になりそうだ。

北陸の方は合田の故郷なので、いつも以上に合田の調子が良く、普段より米をよく食べ、いつもどおり謎めいた発言をしていた。

徳島事務所の空間

徳島事務所の設計は45㎡の中に、オフィススペース、打ち合わせ室、ギャラリー、ストック、キッチンスペースを入れ込む必要があったので、通路を設けない方法で無駄なく配置できないか、、、と平面スケッチを繰り返したら、斜めに走る伸びやかな壁が自然と現れたので、そのラインを一番空間内で象徴的に扱うようにした。また機能性を高めるために回遊動線を意識して進めると、幾何学的な抽象絵画のようなプランになった。実際の空間内を移動していると次々と表情が変わるので、意図していたイメージにはなったのではないかと思った。
壁同士の高さ関係は、最後まで悩んで現場で決めたが、やや低めにしたので全体を緩やかにしきり、光もまわるのでよかったと思うが、シナの壁をあと100mm高くすればよかった。
ちなみに回遊性のあるプランにすると光も回ってきて、時間によって空間の表情が変わるので、なにかが豊かに感じる。

徳島事務所

ブログの更新が滞ってしまった。。。
というか、ブログやってたのを忘れてた。

先週金曜日にgraf awa事務所のレセプションが終わった。当日は大雨で大阪からスタッフ10人が来れず、もはや万事休すか!と思われたが、みんなが協力してくれたおかげで、100人ほどの来場者の方と、美味しい料理や飲み物が並び、みんなで楽しい夜が過ごせたかな。。。?と思った。
準備とレセプションの最中と片付けと、手伝っていただいた方々、本当にありがとうございました。
片付けはやや無理やりという感じで、宮崎椅子とテーブル工房kikiと森工芸の新旧スタッフが手伝ってくれた。