感受性

まえだのあっちゃんが主役の「旅のおわり世界のはじまり」を観た。共演も加瀬亮、染谷将太、柄本時生と豪華だった。心を閉ざし気味のキャスター葉子と撮影クルーがウズベキスタンを舞台としたバラエティ番組の撮影を淡々とこなしていくが、要所要所で葉子の感情がグッと高まり動く場面が出てくる。
そのあたりが観客もグッとくる場面なのかもしれないが、ぼく自身がひねくれた中年男性なので、特になにも感じなかった。逆に淡々と描かれてる部分は、景色も綺麗だし、共演者たちの縁起も上手なので、惹き込まれて観ていた。
映画館の観客は僕一人だけだったので、

映画↘ 僕↗
映画↗ 僕↘

の繰り返し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です